セミナー情報

ホーム > セミナー情報

セミナー講演実績

2017年

■不動産税制セミナー「不動産媒介取得のために知っておきたい税の話」 8月8日(火)開催

平成29年8月8日(火)「ウィンクあいち」にて、

宅建協会 名南東支部 青年部さん主催のセミナーで、

当事務所の代表税理士である、中川明秀が講師を務めました。

『譲渡・相続の基本から特例までを学びます』と題した今回のセミナーでは、

「相続税編」と「譲渡所得編」に2部構成で解説をしました。

 

相続税編では、国税庁のリーフレットを基にわかりやすく相続税の基本を説明いたしました。

譲渡所得編では税務の専門家でもある税理士でもややこしく複雑といわれる、譲渡所得の特例に

ついて事例を交えわかりやすく解説。

 

また、宅建協会に所属する参加者にもなじみ深い、

  • 居住用財産を取得した場合の3,000万円の特別控除の特例
  • 被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例

について、図解と事例を交え解説をしました。

 

受講者の皆さんも豊富な事例解説に耳を傾け、事業で使えそうな知識を吸収しようと意欲的に参加されていました。

■相続専門家による相続セミナー 第一回 6月15日(木)開催

第1回セミナーを6月15日(木)に開催し、

三事務所合同セミナー史上、最高となる164名の方がご参加くださいました。

近年、相続を取りまく事情の複雑化により、先代の相続では問題にならなかったことが相続人を悩ませることもあります。

そういった事態に対処するため、第1回セミナーでは弁護士、司法書士、税理士の3士業が

それぞれの経験を基に、元気なうちに始めてほしい対策をご提案しました。

第1部は、森田 茂 弁護士より、

「親がこれをやっておいてくれれば

もっと楽に解決できたのに」と思う

具体的な事例をご紹介しました。

遺言書の作成、先代名義の不動産・継承者のない農地・境界争いのある土地の処分ほか、

今後、相続対策を実行する方への行動指針になったのではないかと思います。

また第2部では、

佐久間 雅彦 司法書士より、

5月末にスタートしたばかりの

『法定相続情報証明制度』について

ホットなニュースをお届けしました。

視覚的な資料を使って、制度趣旨から必要書類、よくある質問まで、わかりやすくお伝えしました。

第3部では、

相続税の税務調査について、

元税務署員の中川 明秀 税理士が

解説しました。

相続税申告のうち3割強が対象となる税務調査。

この3割にノミネートされないようなポイントをお話ししました。

 

最初から最後まで真剣にメモをとるお客様が大変多く見られ、笑顔で帰られる方が

多かったことが印象に残るセミナーとなりました。

第2回は10月19日(木)に開催予定です。皆様の興味関心のあるテーマを検討して

まいりますのでご期待ください。

■相続セミナー「相続に関する最近の動向」3月17日(金)開催

 平成29年3月17日(金)「御器所コミュニティーセンター」にて、株式会社 杉本組さん主催のセミナーで、当事務所の寺尾所長が講師を務めました。

『相続に関する最近の動向』と題した今回のセミナーでは、

  • この半年の間に裁決された注目すべき相続事件
    節税目的の養子縁組の判例  預貯金が遺産分割対象財産とされた判例
  • マイナンバーや国際課税の国税庁の取組
  • 相続税大改正後の申告状況  といったニュースを紹介するとともに
  • 相続税の節税効果による不動産投資の「実質的投資額」について
    具体的な事例を使って説明しました。
    また、財産を家族に任せる方法として
  • 不動産管理会社
  • 家族信託  を解説しました。

2016〜2014年

お問い合わせ

ページの先頭へ